トヨタ、タイでグリーンカーの売り上げ促進のため、エコセダンを発売

トヨタ自動車は、タイでのエコカーの需要の増加により、グリーンカーの販売を拡大するため、タイで最初の環境に優しいセダンモデルを発表しました。

小型セダンの「ヤリス ATIV」は、エコカーの全販売台数を月末までに2013年に発売された最初のヤリス・ハッチバック・エコモデルを含めて7,700台にすることを目指しています、と同社は述べました。

東南アジアの2番目に大きい自動車市場で6月に27%の市場シェアを得た日本最大の自動車メーカーは、エコセダンの価格帯をヴィオス・エントリーモデル・セダンより23パーセント低い46万9000バーツ(約14,000ドル前後)に設定することで、若い世代を引き付けます。

政府のエコカー減税制度の対象となる1,200ccのエンジンを搭載したヤリスATIVは、1リットル当たり20キロメートル走ることが出来ます。

それは、バンコク東部のチャチューンサオの中央省の工場で製造されています。

1,200ccのエンジンを搭載したヤリス・ハッチバックは、月間平均で3,400台、2013年10月から今年7月までに15万台を売り上げ、タイの乗用車部門で過去3年間ベストセラーとなりました。

タイのトヨタ自動車は、ヤリスATIVの月間販売目標を国内4,700台とし、月3000台を70カ国に輸出しています。

トヨタの地方ユニットの副社長のバジーゴーン・スリヤチャンタナノン氏は、タイで販売された環境にやさしい自動車の割合は、2010年の約2%から2016年の15%に上昇し、この比率が今年には約20%に達し、今後2年間でさらに25%に上昇することを期待しています。

バンコクでのアジア・サイド・オブ・ザ・ドック開催

タイは、バンコクで2年連続でドキュメンタリー番組の市場を率いるアジア・サイド・オブ・ザ・ドック(ASD)を2018年1月30日から2月2日まで開催します。

国際貿易促進局(DITP)は中所得国から抜け出し、スマートで革新的で高付加価値な国として確立することを目指す新しい経済モデルであるタイ4.0の目標を達成するためにドキュメンタリー映画制作業界を売り込む戦略的プラットフォームとしてASDの第8回が開催されます。

これらの目標を達成するための重要な経済的要因と考え、タイの映画業界は創造性を支援し、文化をより良くし、価値の高いサービスを提供し、国の競争力を向上させます。

「政府の映画産業振興は生産能力の開発に重点を置いています。

その政策は、積極的な映画製作事業と国内外のネットワーク作りを奨励しています。」とマックスイメージのディレクターであるヴィワン・カルナート氏は述べました。

「戦略の一部として、世界中の映画制作者、流通業者、投資家のためのビジネスプラットフォームを作り出す国際映画祭や市場広場などの活動を支援します。」と述べました。

政府の協力を支えるためにタイのドキュメンタリー映画監督協会(TDFA)は、競争力を強化し、ASDのような業界を率いるイベントを主催するような会場国際ドキュメンタリー映画監督と地域ドキュメンタリー映画作家の拠点としてタイを促進するために設立されました。

ASDは、ヨーロッパ最大のドキュメンタリー市場であるサニー・サイド・オブ・ザ・ドック(SSD)の主催者が発表します。

アカデミー賞を受賞したフランスの映画プロデューサーであるイブ・ジャノー氏によって創設されたSSDは、フランスのラ・ロシェルで28年もの間、年間2000人の来場者を集めています。

アジアでのドキュメンタリー映画市場に可能性を感じ、ASDは2010年に設立されました。その後、中国、香港、韓国、日本、マレーシア、シンガポールなど、毎年異なるアジア諸国で開催されています。昨年、ASDの第7回がタイで開催され、400人以上の代表者が集まりました。

アジアのドキュメンタリーを世界に発信するための主要なプラットフォームとして認知された ASDは、最低でも約160百万バーツの収益をだしました。その成功に基づいて、主催者は伝統を破り、タイで2年連続開催することに決めました。支援施設、旅行先の多様性、タイのドキュメンタリー映画制作業界のプロ意識が第8回ASDのタイでの開催を決定づけました。

このイベントは、バンコクのセントラルプラザ・ラップラオにあるセンタラグランドで、2018年1月30日から2月2日まで開催されます。

4日間にわたって、40カ国からプロデューサー、ディレクター、代理店、決定者、投資家、コンサルタントを含む500名以上の代表者がASD18で、販売、ネットワーキング、賞品付きのピッチ、アジアからのバイヤーとの1対1のミーティングなどを行います。

9月19~22日にプレイベント活動の一環として、ASDドキュメンタリーワークショップ&マスタークラスが開催され、 ドキュメンタリー制作者や監督がドキュメンタリープロジェクトの開発方法について学びました。

マスタークラスを提供した国際的な専門家は、フランスのユズ・プロダクションズのクリスチャン・ポップ氏、スイスのファーストハンド・フィルムズのエスター・ヴァン・メッセル氏、 ASD16で最優秀アセアン賞を受賞したタイ系アメリカ人のジャーナリストで映画監督のパリン・ウェダル氏でした。

7つの国から合計38のドキュメンタリープロジェクトがASDに提出され、ワー​​クショップに参加する10のプロジェクトが選ばれました。そのうちの7つはタイの制作者によって作成されたものでした。

ワークショップでは、6つのプロジェクトが最終選手権に選ばれ、優勝者はASD18でメインステージに出場する予定です。

「ASD18は、ドキュメンタリー映画の価値を高めます。売買での収入以外にも、このイベントはアジア全域のドキュメンタリー映画制作業界でのネットワーキング、ブランディング、知識の共有等のために不可欠なプラットフォームです。 このイベントは、少なくとも2億バーツの収益を生み出すことが期待されています」と、ビワン・カルナート氏は述べました。

ASD18の国際ドキュメンタリー・プロダクション・プロダクションの主なプロデューサーや放送局には、ナショナル・ジオグラフィック、ディスカバリー・アジア、NHK、 CCTV、KBS、ABC、PBS、タイのPBS、その他タイの放送局などが含まれています。

アジア・サイド・オブ・ザ・ドックは、公的機関であるタイ・コンベンション&エキシビション・ビューローの支援を受けています。 このイベントのために、タイ・コンベンション&エキシビション・ビューローは財政支援と政府組織との調整をします。
アジア・サイド・オブ・ザ・ドックはタイのイメージを高める重要なイベントの1つとして認識されています。

日本は真の友達

産業大臣は、タイ東部経済回廊(EEC)への投資に熱心な日本企業を歓迎します。

来週、600の日本企業の代表が来日し、タイでの重要な生産拠点の為に日本の投資の重要性を強調する予定です。

ウタマ・サバナヤ産業大臣によると、総投資額が今後5年間で1.5兆バーツを超えると予測される東部経済回廊へのさらなる投資に日本企業が期待されています。

ウタマ氏は、911日から13日の訪問は、今後の経済協力につながるいくつかのことを含む、タイと日本の130年の外交関係を祝うものです、と述べました。

「タイ政府が日本の投資家にEECの詳細を明確にし、EECをタイの4.0モデルに推進する主要な仕組みとしてタイ政府の誠意を強調することは日本のような真の友人に対してとても重要です。」とウタマ氏は述べました。

日本の総投資額は284件のプロジェクトで796億バーツになり、2016年にタイ最大の投資国となりました。

600社の企業の中には、EECの特定の分野で事業を行うという現実的な計画を持つ企業もあります。

日立製作所は、タイの政府機関とEECに投資する予定の民間企業の両方に複数のデータサービスを提供するために、ビッグデータの分析に投資することに関心を示しています。

ウタマ氏は、「EECに投資してタイでの事業拡大を期待する企業に提供される新しいデータ収集、提供システムです」と、大規模で多様なデータを調べるデータ分析プロセスについて話しました。

同氏は、ビッグデータには、パターンや未知の相関、市場動向、顧客の好み、組織や民間企業が十分な情報に基づいたビジネス上の決断をするのに役立つ有用な情報が含まれている、と述べました。

ウタマ氏は、日立は医療分野、特にタイの来たる高齢化社会の高まるニーズに応える特定の製品を生産し、すでに高齢化社会である日本での強い需要にも対応することを計画していると述べました。

三菱自動車は、タイ政府が全面的に支援している電気自動車(EV)により投資する計画です。

消費税減税から投資委員会からの広告に至るまで、政府は自動車会社にEVを増やすことを促し、民間エネルギー会社にEVの充電ステーションなどへの設備投資を促しています。

「三菱自動車は、自動車製造の面でタイはアジアのデトロイトだと考えており、さらにアジアのEVの拠点として発展する可能性があります」とウタマ氏は語りました。

タイへの投資を計画しているもう一つの日本企業は、食品から生化学分野への多様化を目指している味の素です。

「味の素は、付加価値の高いバイオベースのプラスチックやその他のバイオベース製品を生産するために、タイで豊富なバイオベースの原料を使用したいと考えています」とウタマ氏は述べました。

投資とは別に、今回の訪問は、タイで日本企業が直面している主な問題であるタイの労働人口不足を補うための熟練労働者の育成を支援する教育協力推進につながると、同氏は伝えました。

日本の投資家は、長年にわたって人材不足に大きな懸念を表明しており、これはバンコクの日本貿易振興機構(OTP)の最近の調査でも特にエンジニアが不足していると明らかになっています。そこで日系に限らず人材不足を解消するには地元の学校や人材紹介会社の助けが必要になると考えられています。

タイ東部経済回廊(EEC)へ投資する日本企業に人材不足の解消を手伝う人材紹介会社
エンジニア・技術者の就職はキャリアリンクタイランド
チョンブリー県にオフィスのあるPRTR

ウタマ氏は、産業省は、EECにおける熟練労働者の需要増加に対応するため、タイの労働者を訓練する専門家、講師、ノウハウを持ち込むため、日本の経済産業省と協力すると述べました。

「私たちはタイの職業訓練校と協力して、日本の専門家と将来の需要に対応するエンジニアや他の熟練した専門家を輩出するための訓練コースを作る予定です。」とウタマ氏は述べました。

タイ石油公社、サイアム・セメントグループ、チャルーン・ポーカパン・フーズなどの主要なタイ企業は、訪問中に開催される企業間のマッチングイベントに参加し、更なる共同投資を促進することが期待されています。

タイは工業地帯へのツアーに日本のビジネスを招待しました

バンコク東岸の沿岸部には、数百もの日本の自動車メーカーや自動車部品メーカーの生産拠点になっている、タイの最大の工業地帯があります。日本とタイが国交樹立130周年を迎える中、タイ政府は工業団地をアセアン加盟国にとっての先端技術の拠点にしようと計画しており、日本の投資家の関心を集めようとしています。

9月の初めに、タイ政府は、経済産業大臣である世耕弘成氏を招き、大企業や東京の中小企業を含む民間企業と公共企業の570人の代表者を新しい投資機会を促進するために3日間の旅に招待しました。

このようなタイの取り組み方は、中国などの他の投資家の出現によって見劣りしている日本の投資家は歓迎しています。

プラユット・チャンオチャ首相は、バンコクの庁舎に招待された企業代表者を集め、“タイランド4.0”の経済発展への日本の関心の必要性とタイの成長の可能性が「信頼できるもの」と繰り返し述べました。これは、タイの農業および製造業の大部分を先端技術産業を中心とした成長モデルに転換することを目指しています。

経済の転換を進めるために、政府は、沿岸地帯にあるチャチャンサオ、チョンブリ、ラヨンの3つの特別な投資地域で東部経済回廊の開発を承認しました。技術拠点は、主にタイ政府が設定した10の「ターゲット産業」に焦点を当てています。

その中には、生化学、医療、観光などの分野や、電気自動車などの次世代自動車産業があります。政府は、投資がタイの産業革新に有益であると考えられる場合、法人所得税の免除を含めた15年間の税優遇措置と共に、東部経済回廊に戦略的プロジェクトを提供します。

バンコクでは、この地域の産業とインフラを改良するために、最初の5年間に公的投資と私的投資に1.5兆バーツ(5兆円)を使用する予定です。

プロジェクトの1つに、2032年までに年間6,000万人集客できる、ウタパオ民間軍用空港を国内第3の商業用空港に拡大することである。

現在、毎年約300万人の利用客がいます。

バンコクの成長戦略は、多様な産業と強力なネットワークを築いて既存のビジネスをより良いものにすることを目指す日本の「つながり産業」政策のコンセプトに沿ったものであり、東部経済回廊における日本とタイの協力は、「アジアの最も先進的な産業拠点ひとつ」だと考えられています。バンコクの日本商工会議所では、4月現在で1,748人のメンバーがいることから、バンコクは大きな期待を寄せています。日本は、東南アジア諸国にとって最大の投資の源です。

アジアのライバルがASEANでの影響力を高めるにつれて、日本は投資を加速しなければならない理由が増えるかもしれません。中国とタイは、バンコクとナコーンラーチャシーマーの間に253kmの高速鉄道建設を開始すると発表しました。

これは北京の「ワンベルト・ワンロード」構想の一部である可能性が高いです。

日本とタイは、2016年にバンコクとチェンマイの北部の都市を結ぶ新幹線が通る700kmの鉄道を建設することに合意しました。トヨタやホンダなどの自動車メーカーがタイで強力な経済力を発揮していましたが、中国や韓国によってその支配力は衰え始めています、とタイの外務省の東アジア事務局長であるシントン・ラピサテプン氏は述べました。

「スマートフォンを例にしてみましょう。私たちは、中国のオッポやファーウェイ、韓国のサムソンなどのブランド名を常に耳にします。しかし、残念ながら、この地域では日本のブランドは耳にしません。」と彼は述べました。

タイへの日本の投資は近年勢いを失っています。昨年、日本の貿易機関によると、日本企業はタイに796億バーツを投資しました。それは2012年の投資総額である348.4億バーツの約23%でした。

日本の投資家は、タイの経済成長の低迷に懸念を抱いています。中所得国になった後、経済成長のペースが緩やかになり、人件費の上昇は海外からの投資を妨げています。タイの急速に増加している人口も、成長を妨げることが予想されます。

もうひとつ懸念されるのは、ベトナムを含む他のASEAN諸国との人件費に関する競争です。
ベトナムは、外務省によると、2016年の経済成長率は6.21%で、タイは3.2%でした。タイ政府は、新しい案が経済成長をさらに刺激することを望んでいます。

2日目に開催されたビジネス座談会で、東京とバンコクは、東部経済回廊開発のための相互協力を促進するための7つの覚書を締結しました。 6月に覚書に署名し、プロジェクトを進めることに両国同意しました。

世耕氏とタイの経済政策の重要人物であるソムキッド・ジャスティピタック副首相は、記者会見で、東部経済回廊での更なる相互協力が東京とバンコクの双方に利益をもたらすと述べました。世耕氏は、「日系企業にとって、タイはアセアンの重要な国であり、メコン地域の拠点として更なる成長が非常に重要です」とも述べました。

「日本企業がタイの産業の更なる成長を促進することができる信じています」と述べました。

ジャスティピタック副首相は、両国はより協力することで、人材やビジネスを発展させる“大きな可能性”を持っていますと述べました。タイはただの外交だけでなく、堅実な友好関係を持って、日本を貿易、投資、観光での重要なパートナーと見なしています、とタイの外務省のラピサテプン氏は述べました。

「日本とタイは、130年間の国交があり、600年もの関係が続いています」と彼は述べました。

「今はタイの経済にとって非常に重要な時期であり、日本がこの機会を逃すべきではありません」とラピサテプン氏は述べました。

日本企業の視点から見ると、タイに投資する主な理由の一つは東南アジアへの拡大です。

タイのトランスコスモスの松尾俊哉取締役は、「タイは他の東南アジア諸国の核であり、ここで成功を収めることは間違いなくこの地域におけるプレゼンスを大幅に高めます。」と述べました。東京のインターネット会社のトランスコスモスは2008年以来、タイでビジネスを行っています。同社は他の東南アジア諸国で展開する前に、リスクの低いタイで新しい電子商取引サービスを開始することにしました、と松尾氏は述べました。

トランスコスモスは、タイ市場への投資を増やす計画で、「タイの政府はタイランド4.0の政策で達成したいことに、私たちのオンラインサービスは適していると考えています」と松尾氏は述べました。

福岡のユーキ社の歯科医である高橋氏は、彼女の会社の抗菌食品事業を海外に拡大するためにタイは選択肢の1つであると考えていると述べました。 「タイ政府は新しい政策を推進するために本当に懸命に働いています。今がチャンスだと思います。」と彼女は述べました。

コネチカットにタイのロールアイスクリーム上陸

ハイテク業界では数年もの間、次のチャンスを捜し求めている投資家にとって「崩壊」は合言葉です。

人々のサービスの考え方を変えるために、消費者向けの技術が崩壊したり、再び作られたりする可能性があります。

食べ物においても、新しいものが登場し、その後、業界全体で山火事のように広がります。

アメリカ人がタイのロールアイスクリームを発見するなど、ミドルタウンの新しいアイスクリーム店には可能性があります。

オーナーのイヴァン・リン氏は、ニューヨークを経てやってきたタイのアイスクリームを提供するミドルタウンの“0ディグリー”を始めました。

タイのアイスクリーム店では、顧客は目の前で生クリームからアイスクリームが出来上がるまでを見ることができます。

コールドストーンクリーマリーでは、アイスクリームは凍った花崗岩の石の上で作られます。

リン氏や従業員は、約15度に保たれた金属の冷たい板に新鮮なクリームとオレオクッキー等を注ぎます。

誰かがフライパンで卵をかき混ぜているのを見ているようなものですが、より期待と興奮がそこにはあります。

クリームが凍ったら、リン氏は冷たい金属の上に新鮮なアイスクリームを正方形に成型して広げます。

彼は2つのスパチュラを使用して、金属からアイスクリームを5つに薄く取って、その過程でアイスクリームを螺旋状に丸くします。

そのロールをカップに入れたら、顧客は様々なトッピングを選択することができます。

トッピングは、オレオ、チョコレートチップ、様々な果物などが含まれます。

他には、テディ・グラハムズ、フルーティー・ペブルズ・シリアル、ナター・バター・クッキーなどが含まれます。

私はホイップクリームとカラメルソースを加えたバタークッキーを選びました。

その選択は素晴らしかったです。

濃厚でクリーミーなアイスクリームは、あなたの口の中で溶け、非常に満足のいくものでした。

リン氏は、2014年に友人と一緒にタイで休暇をとっている時に初めてこのアイスクリームを作る方法に出会ったと言います。

バンコクの歩道にある屋台文化は素晴らしいものです。

歩道を歩く人々から顧客を得たいベンダーは、美味しく、そして美味しく見える食べ物で顧客を魅了しなければいけません。

見せ方とおまけは重要です。

ニューヨークに移住した中国出身のリン氏は、このアイスクリーム作りの方法を見たとき、作り方を教えてもらうために従業員にお金を払った、と述べました。

「アメリカに戻り、友人など色々な人に話しました。ココナッツミルクはおそらくアメリカ人の好みではないので、それを少し変える必要があると思います。」とリン氏は述べました。

代わりに、アメリカ人の口当たりに適した生クリームを使って、タイのアイスクリームを作ることに決めました。

彼は12年間、クイーンズのフラッシングにあるハーゲンダッツで働いていました。

「毎日バナナ味のアイスを作りました。」とリン氏は述べました。

Lin氏は、12月のオープンからの一番の売り上げは、オレオの “クッキーモンスター” だと言います。

その他、興味深いフレーバーの組み合わせには、ヌテラとバナナを使った“モンキービジネス”、抹茶とブルーベリーを加えた“抹茶天国”があります。

どんなトッピングでも、すべて税込み7ドルです。

0ディグリーでは、タピオカジュース(3.5~5ドル)、フルーツティー(3.50~ 4.25ドル)、スムージー(3.50~ 5ドル)も提供しています。

リン氏はニューヘブンとウェストハートフォードに今年の夏に2つ新たにオープンする予定で、コネチカット州全土の人々が味わうことができます、と述べました。

年末までに東アジア地域包括的経済連携協定は締結しない

環太平洋パートナーシップ協定と代替貿易協定を交渉している16のアジア太平洋諸国の経済閣僚は、年末までに合意が成立しないと日曜日に認めました。

代わりに、世界人口の半分である3.5億人以上の人口、世界の国内総生産(GDP)の30%をカバーする東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定の交渉に携わっています。経済閣僚は、16カ国の指導者がマニラで集まる11月までに 大きく前進することを目標にしています。これら16カ国は、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、ニュージーランドのほか、アセアン加盟国の10カ国を含みます。

RCEPはTPPの主要な代替案と見られており、、昨年12ヵ国が合意しましたが、ドナルド・トランプ大統領によって米国が撤退したことは大打撃でした。

フィリピン貿易副次官のセフェリーノ・ロドルフォ氏は、RCEPは「TPPの現在の状況を考えれば、唯一の望みである」と述べました。第49回アセアン経済大臣の会合及び関連会合の一環として、16カ国の経済閣僚がマニラに集まりました。また、それは2013年に交渉が開始された第5回RCEP閣僚会議でもありました。

ロドルフォ氏によると、RCEP加盟国は、関税引き下げや関税撤廃対象の違いにより、今年中に交渉を終わらせる目標を断念しました。代わりに、アセアンの首脳が11月に集まる際に、「実質的な結論」または「著しい躍進」を達成することを目指しています。

「来月、韓国で開催される第20回RCEP貿易交渉委員会での交渉と11月の首脳会談で、全ての国は未解決問題を解決するために努力するでしょう。」とロドルフォ氏は述べました。

「成長が世界中で全体的に減速し、保主的な考え方が増えてきた今に、RCEPがより自由な貿易を追求できるという例を作ることが重要です。」と、今年のアセアンの活動を統括しているフィリピン政府を代表して彼は述べました。

アセアンの10ヵ国は、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムです。

女性は人身売買の危険にさらされていると警告

タイ人女性が異人種間結婚の問題や、海外移住時の詐欺や人身売買の犠牲者を避けるための無料の講座を国は提供しています。

「タイの社会が異人種間の結婚を受け入れるようになるにつれて、女性たちはそれを経済的地位を向上させる方法と見なしています。」と社会開発省は述べました。 「私たちの講座は、女性に、行動、行き先の国の法律、事前の準備方法を教えます。」と高官のパチェリー・アラヤクール氏は述べました。

「これは、女性が詐欺や人身売買に遭う被害を減らすためのものです。」と同省の男女共同参画部理事であるパッチャリー氏は付け加えました。

このような結婚についての最新のデータはないものの、2004年の政府調査では、最も貧しい地域の一つであるイーサーン北東部で1万5000人以上の女性が外国人男性と結婚し、毎月122百万バーツを家族に送っていることが分かりました。

この講座では、カルチャーショックの問題とともに、法的権利、タイ当局を通じて援助を求める方法を教えています、とコーンケーン大学の助教授であるドゥサディ・アユワット氏は述べました。実用的な助言は非常に役に立ちます、1日講座に参加した1人の女性が述べました。 「カルチャーショックよりも法に、より関心を持ってました。」と述べました。

この講座は、一部のタイの女性にとってとても役に立つものです、とドイツのラルフ・ワッカーと結婚した元スパのマネージャーであるプローニサ・デュアンダラルングルエン氏は述べました。

「特に東北地方のタイの女性は、穏やかで従順です。

彼らは自分自身と文化を尊重することを学ばなければなりません。」と彼女は述べました。

彼女の夫は、この講座は女性が西洋での生活の現実に向けて準備することができます、と述べました。
「多くの女性にとって、西洋での生活はおとぎ話のようなものかもしれませんが、実際には非常に孤立していると感じることがあります。」と、西洋の配偶者に同様のコースを提供するよう国に促したワッカー氏は述べました。

「西洋人が家族の動態を理解できなければ、多くの問題を引き起こす可能性があります。」

タイでの女性差別

タイの元首相であるインラック・シナワトラ氏がこの国を離れ、帰国する可能性は低いという事実は、国際的に話題になっています。しかし、タイの政治に関するより暗い真実を反映する女性差別の激流の中で、彼女の決断に価値があるという言葉はほとんどありませんでした。

それは恥ずかしいことです。

彼女の政治的キャリアを通して彼女に対する性差別を認めない事実は、タイの政治と社会の現状を伝えています。2014年から、インラック氏は、国に何百万もの費用がかかると言われるコメ担保融資制度に対しての刑事責任を負いました。彼女は支持者のために最後まで戦いましたが、判決を覆すことは出来ませんでした。ニューヨークタイムズで8月27日に書かれたリチャード・パドックの記事によれば、彼女の逃げる決断は犠牲の大きいものでした。彼女は90万ドルの保釈金が課せられただけでなく、政治的な動きを混乱させました。

タイの民主的な新たな動きを望んでいた人たちにとって、インラック氏が去ることは失望でした。しかし、タイ初の女性首相の失敗すべてを非難することは、現在のタイに関する厳しい事実を無視しています。第一に、プラユット・チャンオチャ首相が率いた2014年のクーデター以来、タイがどのように変わったのかを認識することはできません。しかし、もっと困ったことに、インラック氏を退職させた悪質な女性差別を見逃しています。

彼女の政治的キャリアが始まって以来、インラック氏は彼女の兄弟であるタクシン・チナワット氏の影に隠れていました。

これは理解できます。

彼女が首相の地位についたことは、タイを深く分裂させた10年の長い政治危機の中での1つのエピソードとして取り上げられました。彼女が2011年半ばに政界に登場したとき、彼女の兄弟の党であるタイ貢献党のリーダーは驚きました。彼女の兄弟の姓を共有することは、彼女が独立した政治家として識別されることを邪魔しました。しかし、タクシン連合政党を率いた他の人物とは違って、インラック氏はいつも彼女の兄弟に忠実な姿勢だと描画されていました。

彼女の経験不足と政治の無知は、彼女の弟の夢を台無しにしたので、それが彼女の質だと言われました。

これは、2011年の選挙キャンペーンのための「タクシン氏が考え、タイ貢献党が実行する」というフレーズと彼女の笑顔が載ったポスターによって裏付けられています。しかし、オフィスでは、インラック氏は政治の自分のブランドを作り、彼女の前任者よりも強く個人的な追従をし、漸進的なタイの政治の顔としてタイ貢献党のイメージを強化するために一生懸命でした。その間、インラック氏は、タイの家父長主義社会の女性差別によって、取り残されていました。2013年には、彼女を拘束するために、上級政治家によって荒立てられた抗議者たちは、女性差別の悪質な政治運動に従事しました。

ジャーナリスト兼写真家のニック・ノスティッツ氏によると、その後のインラック氏に対する憎悪演説では、オックスフォードで教育を受けたアピシット・ウェーチャチーワ元首相は彼女は売春婦だと述べました。ノスティッツ氏は、「これは、性差別が、政治を盛り上げるために起こったものではなく、タイ文化の普通の汚い部分であることを示しており、トップのリーダーによって明確に操作され、促進されています。」と述べました。インラック氏がタイから出発した余波で、超現実的な性的な罵りが続きました。

まず、タイの芸術家であるタンヤ・サンチャパンタノン氏は、彼女のことを「膣」と嘲笑した。詩的な言葉遣いで、タイ語のエリートの間では、そのような言葉は珍しいことではないですが、彼はインラック氏が「女性器」とけなされた事実を裁判所に持ち込まないように耳の状態を言い訳にしました。文化庁はこの行動を非難するように求められた時、それは「意見」だと却下しました。著名な学者・著述家、チャーロン・ユートン氏は同じ詩を繰り返し、詩を芸術として擁護し、ユーモアを理解できない人はタイの文化を知らない、と非難しました。

「その女性器を使いたいなら、列に並ばなければいけません。」と仏教徒の修道士であるキッティザック・キットソン氏は述べました。女性差別、さらには性的暴力の暗示や描写さえも、タイでは往々にしてあります。タイの連続ドラマは日常生活で普通のこととしてレイプを定期的に扱っています。「良い」女性の標準化されたイメージを反復することで、女性の行動に暗黙のうちに制限が課せられます。

タイの作家であるチティポル・パニャニンパヌン氏は最近、「伝統的なタイの連続ドラマでは、強姦男性の主人公が起訴されなかっただけなく、性的行為での女性犠牲者も描かれませんでした。」と書いています。タイの公的生活において女性が重要な役割を果たすのは事実です。しかし、それでも画面上での女性の非人間化は、社会的現実を反映しています。高い地位を持つ女性は、一定の自由を得ることができるかもしれませんが、それらを取り巻く家長の階層を直感的に認識し、社会の秩序を保つために社会的慣習を受け入れなければなりません。

独立したエージェントとしての作業は大変で、屈服しない人は潜在的な危険にさらされます。 インラック氏にとって、公的生活は常に揺ら付いたものになるでしょう。タイの設立者によって軽蔑された彼女の兄弟と永遠に結びついて、インラック氏のすべての行為は逸脱した行動として解釈されました。

彼女は、彼女のイデオロギーと政治的議題に沿った政策を実行することによって、タイのエリートを潰していきました。彼女は民主的に選出された政権を打ち倒した軍事政府の政治家であるプラユット・チャンオチャ氏のような人物に対して正当な権力を発揮したことで、彼女は所定の役割に違反しました。彼女がタイの社会の中で表現したことを考えれば、敵の反応が性的要素を含んでいることは驚きではありません。彼女の男性の前任者が政治的な嘲笑を受けたとき、インラック氏は性的な違いを経験しました。

タクシン氏は農民を都市エリートの上に置くことによってタイ社会の秩序を乱しましたが、インラック氏は権力を持つ女性というだけでそうなりました。絶え間なく監視されていたにもかかわらず、インラック氏は懲役10年の刑の判決の直前に奇跡的にタイから脱出しました。

タイを去ることによって、彼女は軍事政に危害を与えませんでした。彼女の支持者を裏切ったと言っている人たちのために彼女は食料を提供し、特に2014年5月の彼女の失踪以来、女性の拘束と仏教の敬虔さのイメージを粉砕しています。

インラック氏の苦労話の原因は女性差別が全てではありません。しかし、この要素を無視することは、彼女の話だけでなく、タイの政治や社会の中での重要な点を見逃してしまうことです。

タイは現在も、そこに住む人々のアイデアに基づいた場所であり、女性差別と性的暴力の暗示かつ描写は社会情勢に関するツールです。

女性の体が男性の所有物と考えられる世界であり、男性と女性の囚人の体は日常的に暴行されています。この観点から見ると、インラック氏はその世界で投獄に屈することは最悪なものでしょう。しかし、彼女の出発は、タイの家父長的政治制度とその内部の道徳的秩序の保全に対する勝利を表しています。

彼女の話で女性差別の事実を忘れることは、タイの独裁政権に陥った責任を負っている人たちを大目に見るだけでなく、タイの社会に残っている問題のある性的な問題を無視することになります。

タイ首相が求める日本の投資家

プラユット・チャンオチャ首相は、継続的な国家の安定のために政府の政策を一貫で明白に保つことの重要性を強調しており、タイへの投資を増やすよう日本に促しました。ジェン・プラユット氏は、月曜日、日本経済産業大臣である世耕弘成が率いた日本からの投資家570人を集め、話をしました。

「帰国したら、今年タイに投資することを是非検討してください。今年は移行期で、改革を進めています。」とジェン・プラユット氏は述べました。首相は、「政府は明白さの重要性を強調し、東部経済回廊(EEC)への投資と主要なインフラプロジェクトへの投資を促進するための政策を追い求めています。」と述べました。

ジェン・プラユット氏は、政府が約600億バーツのインフラ投資計画に基づいて改良された技術を用いて、一連の新しい経済圏にEECを発展させる計画を決定したと伝えました。

EECは、チョンブリー、ラヨーン、チャチューンサオの3つの東部地域で3万ライに及ぶ特別経済圏を作るという、政府の主要な政策です。次世代自動車、スマート電子機器、観光、農業およびバイオテクノロジー、飲食、産業用ロボット、物流および航空、バイオ燃料および生化学、デジタル、医療サービスなど、10業種への投資を推進しています。

政府はEECを進めることを約束しており、法律で規定されているため、選ばれた政府が政権を握った後もプロジェクトを継続します、とジェン・プラユット氏は述べました。

来年9月から12月にかけて総選挙が行われる予定です。

5年間の経済計画と国家開発計画は、20年にわたる国家開発戦略の下で続行される予定です。

「将来の政府は、この法律および法的拘束力のある20年の国家戦略に規定されているため、このEECプロジェクトを一貫して実施することを保証します。

次の5年間の国家経済社会開発計画の対象となります。」とジェン・プラユット氏は述べました。

主要なプロジェクトには、最初の5年間で、ウタパオ国際空港の年間利用客を現在の300万人から500万人に、2032年には6000万人増やすためのものが含まれています。他には、高速鉄道プロジェクト、レムチャバン港の開発プロジェクト、マープタープット港の開発プロジェクト、サッタヒープ商業港開発プロジェクト、3つの高速道路の建設、観光と人的資源の開発プロジェクトが含まれています。

インフラ投資プロジェクトは、公民連携(PPP)の実行計画は2年から9ヶ月に短縮されるが、PPPとして共同投資する機会を提供し、、とジェン・プラユット氏述べました。

昨年、タイと日本の修好130周年を迎えました。

「今日、タイと日本の信頼関係を強化するために私ができることはすべてします。
貿易と投資の面でお互いに利益があるべきです。」とジェン・プラユット氏は述べました。

彼は日本料理を賞賛してスピーチを終えました。

世耕氏は、日本の投資家がEECを訪れることを楽しみにしていました、と述べました。

日本の産業が生産拠点を持っているタイはアセアンの拠点となっています。

日本企業は、タイで技術とイノベーションを生み出すための施設を設立している、と付け加えました。

日本とタイは協力して産業を変えなければならないと同氏は述べました。

投資委員会のヒラリーヤ・スジナイ事務総長は、日本はタイの一番の投資国であり、全体の40%を占めていると述べました。

日本は中国に次いで2番目の貿易相手国です、と述べました。

今年の上半期には、日本はタイ投資委員に多くの申請書を提出しました。

それは、総投資額の55%を占め、計120億バーツのうちの65億バーツを占めています。

ハイブリッドカーへの投資プロジェクトの申請件数は19.54億バーツに値し、特殊ポリマーのプロジェクトの申請件数は15.15億バーツ相当でした、とヒイラヤ氏は述べました。

タイ商工会議所とタイ工業連盟のカリン・サラシン会長は、月曜日、10の対象産業を支えるために、日本経団連と日本商工会議所が協力する覚書を締結しました。

日本での拡大を目指すカフェアマゾン

タイで人気のあるコーヒーハウスのカフェアマゾンは、野心的な拡大計画の下、日本での拡大を狙っています。昨年11月、福島県双葉郡川内村に日本初のカフェアマゾンがオープンしました。オーナーの岩本康則氏は、今後3年の間に約100店舗日本でオープンし、1店舗あたり平均1億円(2990万バーツ)投資すると発表しました。これは、スターバックスやターリーズコーヒーのようなチェーン店との競争につながります。

カフェアマゾンは、タイの主要な石油・ガス会社であるPTTによって2002年に設立されました。タイ全土では1700店舗あります。建設に使われる陶製タイルメーカーであるコドモエナジーの社長の岩本氏は、タイでタイル生産工場の建設を検討していると述べました。 「私は川内村のカフェアマゾンのコーヒーハウスを、自分の家のような快適な空間を楽しむ場所にしてほしいです。」とタイの訪問中にカフェアマゾンのファンになった岩本氏は述べました。

福島県川内村唯一のカフェ「カフェ アメィゾン」

それは日本でフランチャイズする考えに至りました。「川内村に初のカフェアマゾンを設立するほか、今年中に神奈川の湘南、静岡、大阪のでカフェアマゾンを開店する予定です」と岩本氏は述べました。岩本氏は、東京、京都、福岡、名古屋などの地域にも展開すると述べました。

各カフェアマゾンが、3年以内に投資収益を見込んでいます。日本はアジアのコーヒー消費国トップ3に入っています。日本人は年間3.5キロから4キロのコーヒーを消費します。これは、年間平均約1キログラムのコーヒーを消費するタイ人よりもはるかに多いです。カンボジアとラオスでは、1年あたりの平均コーヒー消費量はそれぞれ1.2キロと1.4キロです。

PTT石油ビジネスユニットの副社長のオータポル・ラーピブーン氏は、カフェアマゾンの店舗数が、今年末までに現在の70〜80店舗から約130店舗に大幅に増加すると予想しています、と述べました。

彼は、日本の他に、ラオス、カンボジア、ミャンマー、フィリピンを含む多くの国でサービスを提供していると述べました。カフェアマゾンで一番売り上げの高い店舗は1日に1,000杯以上のコーヒーを提供するプノンペンの店舗です。

タイの店舗での平均販売額は1日約200杯です。タイでは、カフェアマゾンの店舗数は今年末までに2,000店舗に達すると予想されています。昨年末、タイでは1,667もの店舗がありました。直近の地域では、ラオスに21店舗、カンボジアに26店舗、フィリピンに1店舗、ミャンマーに50店舗オープンしました。

「2021年までに、タイでは合計2,700店舗、海外では400店舗以上のカフェアマゾンをオープンする予定です。」とオータポル氏は述べています。「オマーンに今年末までにカフェアマゾンをオープンする予定です。

また、マレーシア、シンガポール、上海を含む多くの潜在的市場でも交渉しています」とオータポル氏は述べました。

オータポル氏は、コーヒー原料と備品の供給の為の独自の物流センターの開発により、バックエンド施設をより良いものにすることができました、と述べました。昨年、アユタヤのワンノーイ郡で20のコーヒー焙煎工場を設立し、年2,700トン生産しています。その生産能力は来年までに3倍になるでしょう。

「カフェアマゾンは2016年に1億4000万杯売り上げ、売上高は前年比30%増の2億2900万ドルでした。

カフェアマゾンは今年1億8,000万杯売り上げ、売上高2億8500万ドルに達することをと期待しています。」とオータポル氏は述べました。