トヨタ、タイでグリーンカーの売り上げ促進のため、エコセダンを発売

トヨタ自動車は、タイでのエコカーの需要の増加により、グリーンカーの販売を拡大するため、タイで最初の環境に優しいセダンモデルを発表しました。

小型セダンの「ヤリス ATIV」は、エコカーの全販売台数を月末までに2013年に発売された最初のヤリス・ハッチバック・エコモデルを含めて7,700台にすることを目指しています、と同社は述べました。

東南アジアの2番目に大きい自動車市場で6月に27%の市場シェアを得た日本最大の自動車メーカーは、エコセダンの価格帯をヴィオス・エントリーモデル・セダンより23パーセント低い46万9000バーツ(約14,000ドル前後)に設定することで、若い世代を引き付けます。

政府のエコカー減税制度の対象となる1,200ccのエンジンを搭載したヤリスATIVは、1リットル当たり20キロメートル走ることが出来ます。

それは、バンコク東部のチャチューンサオの中央省の工場で製造されています。

1,200ccのエンジンを搭載したヤリス・ハッチバックは、月間平均で3,400台、2013年10月から今年7月までに15万台を売り上げ、タイの乗用車部門で過去3年間ベストセラーとなりました。

タイのトヨタ自動車は、ヤリスATIVの月間販売目標を国内4,700台とし、月3000台を70カ国に輸出しています。

トヨタの地方ユニットの副社長のバジーゴーン・スリヤチャンタナノン氏は、タイで販売された環境にやさしい自動車の割合は、2010年の約2%から2016年の15%に上昇し、この比率が今年には約20%に達し、今後2年間でさらに25%に上昇することを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です