日本の技術がバンコクとチェンマイを結ぶ鉄道の未来を託される

バンコクとチェンマイを鉄道で結ぶプロジェクトが今熱している。
タイ政府は、このプロジェクトへの投資に熱心な姿勢を見せる日本側がプロセスの全ての全てのステップで密接な関与を要求する可能性があると考えています。日本の技術によって行われた場合はバンコクーチェンマイ間の建設には1年間で5102億バーツが必要と予測されています。

すでに日本側は高速鉄道プロジェクトの研究を終了したといっており、今後タイの副首相はこのプロジェクトに期待しています。タイ運輸省は以前官民パートナーシッププログラムを通じて民間投資をプロジェクトに許可すべきだと提案しました。

日本の交通大臣は、最近バンコクからチェンマイまでの670kmに新幹線を通すためには、輸送コストが当初の見積もりよりも1000万バーツをわずかに上回ると見積もり、それをタイの交通大臣に報告しています。

日本の交通大臣により提出された計画では、バンコクとチェンマイの間には12個の駅が必要とされ、最高速度は時速300kmに達し全体の走行時間は約3時間30分で繋ぐとされています。バンコクからピサヌロークまでの第1段階(380km)の計画では2018年2月までに内閣承認を得るために提出される予定であるとのこと。
最初の380kmのルートでは280億バーツと見積もられていますが、詳しい予算は2018年末までに決定する予定となっています。この区間の入札は2019年に始まる可能性があり、チェンマイまで全体の完成は2025年になる見込みとなっています。

JR九州がバンコクに高級コンドミニアムを購入

日本の鉄道会社であるJR九州はバンコクの高級コンドミニアム(サービスアパートメント)を約10億ドルで買収しました。今後、JR九州は日本国内外でサービスアパートメント事業を行っていく方針です。このプロジェクトは、JR九州にとってはタイで初の大規模投資になります。2017年末には買収を完了したのを機に「Sharma Lakeview Asoke」という名称に変更しました。

「シャーマン・レイクビュー・アソーク・バンコク・プロジェクトは、東南アジアにおける最初のビジネス・エンゲージメントとして重要なステップです」と、JR九州の青柳俊彦社長は記者会見で話していました。
スクンビットソイ16にあるサービスアパートメントコンプレックスは、BTSやBenjakitti公園と湖からすぐです。日本企業は改修工事に1億バーツを費やし、4月1日に改装工事を開始する予定です。しかし、一部の施設では2018年と2019年に改装工事が行われます。

JR九州ではJR九州キャピタルマネージメントとタイ九州ビジネス開発九州事業所とJR九州事業開発が昨年から東南アジアのビジネスポテンシャルに注力しています。かつて森ビル不動産投資顧問は、今回の買収とJR九州とオニキスの経営陣間の独占的アドバイザーでありました。

タイの製造業で転職する人にお勧めする人材紹介会社8選

はじめに

タイで製造業で働こうとすると、勤務地はバンコク中心部には多くありません。製造業の拠点となっているのは、バンコク郊外のサムットプラカーンやチャチュンサオ、チョンブリー県、ラヨーン県、アユタヤ県となっています。タイの首都であるバンコクにも幾つかありますが、数が限られてくるため、どうしてもバンコク勤務を希望される方にとっては転職のハードルが高くなります。しかし、サムットプラカーンやチャチュンサオであればバンコクに滞在しても通勤圏内ですので、バンコク滞在を希望される方はサムットプラカーンやチャチュンサオの勤務地を希望されることが多いです。
バンコク郊外のサムットプラカーンやチャチュンサオよりも、実は人気があるのがチョンブリー県です。チョンブリー県にはビーチリゾートとしても有名なパッタヤーがあります。またシーラチャー周辺には工業団地があり日本人が多く働いていることから、世界でも有数の日本人街があります。

タイの製造業に強い人材紹介会社

キャリアリンクタイランド

紹介:ベトナムで10年以上人材紹介サービスを行っているキャリアリンクベトナムのグループ会社です。バンコクのオフィスワークや、バンコク郊外やチョンブリー県の製造業まで幅広い人材紹介サービスを行っている会社です。
住所:Room 585, 47 Sukhumvit 69 Rd., Phra Khanong Nuea, Watthana, Bangkok, Thailand
地図:

リクルート・グローバル・ファミリー・タイ

紹介:リクルート・グローバル・ファミリーは、日本最大の人材総合サービス「リクルート」のグローバルブランドです。リクルート・グローバル・ファミリーは、タイ法人として人材紹介のサービスを行っています。
住所:689 BHIRAJ TOWER at EmQuartier, 23rd Floor, Room No. 2304-2306 Sukhumvit Road, North Klongton Sub-District, Vadhana District, Bangkok
地図:

パソナタイランド

紹介:パソナタイランドは、タイの日系企業様のビジネスを人材という観点から幅広くサポートしている人材紹介会社です。
住所:26th Floor, Sathorn Square Office Tower, 98 North Sathorn Road Silom, Bangrak, Bangkok
地図:

パーソネル・コンサルタント・マンパワー

紹介:パーソネル・コンサルタント・マンパワーは、タイバンコクの求人数は一番の情報量を持っている人材紹介会社です。
住所:nterchange 21 Bldg.,399 North Klongtoey, Wattana,, 399 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana,Bangkok
地図:

Ichijinリクルートメント

紹介:Ichijinリクルートメントは、会社設立などを行っているMARUICHIグループの人材紹介サービス部門です。
住所:31 Phayathai Building, Room 516, 517, 5′th Floor, Thanon Phayathai, Ratchathewee, Bangkok
地図:

ディースタッフリクルートメント

紹介:ディースタッフリクルートメントは、多くの求人企業様と頻繁に情報交換をして常に最新の情報を仕入れています。
住所:43 Thai CC Tower, Room # 56, 5th Floor.,South Sathorn Rd., Sathorn, Bangkok
地図:

サイヨーリクルートメント

紹介:サイヨーリクルートメントは、会計士・弁護士等の職業的専門家の転職に強みを持っています。
住所:No.1, Room 1203 Glas Haus Building, 12th floor,Soi Sukhumvit 25,Sukhumvit Rd, Klongtoey Nua, Wattana,Bangkok
地図:

echoas

紹介:エコアズ リクルートメント(echoas)は、タイで注目の日系企業100社に選ばれた実績がある人材紹介会社です。
住所:25 Alma Link Building.,8th Fl., soi Chidlom, Ploenchit Rd,,Lumpini,Pathumwan,Bangkok
地図:

江崎グリコが見つめるタイのアイスクリーム市場

タイの暑い日に冷たいアイスクリームはいかがですか?
最近、日本のお菓子メーカーの江崎グリコがバンコクのショッピングセンターで初めてアイスクリームの自動販売機を設置しました。しかし、東南アジアのアイスクリーム市場は日本の10分の1にすぎないため、今後も攻勢を強めようとしています。

今、日本はアジア観光客が増加しています。そして訪れるアジア人観光客には日本のスナック菓子やお菓子の人気が上がってきています。そこにつけた江崎グリコは2022年までに海外でのアイスクリームの売上高を10倍以上の増やし100億ドルを目指しています。

そんな中、バンコクのショッピングセンターの一角に、江崎グリコの新しい自動販売機が誕生しました。同社はソーシャルメディアを重要なプロモーションとして考えているため、自動販売機の横にあるチラシのQRコードを使ってフェイスブックやインスタグラムなどに使用できるアイスクリーム画像を組み込んだデジタルフォトフレームをダウンロードする事ができます。この販売機は、ひとまず1月末まで稼働され、今後どういった展開をするかが決定される予定となっています。

江崎グリコは2016年にタイでアイススイーツの販売を開始し、現在バンコクを中心に市場シェアが約7%あります。2018年末までにはタイ全土へ広がることを目指し、北部地域と東部地域に販路拡大を始めました。今後、アイスクリーム市場は年間約10%以上の約400億円の成長が見込まれており、この成長性は大きな魅力となっています。

全てが計画通りに進むと、現在の生産量が3倍となり2020年までに売上高が20億円以上になります。そうなると従業員雇用も今以上に増やす事が出来ます。タイの食文化だけでなく、雇用創出にも影響を与えることでしょう。

タイだけでなくインドネシアにも事業を拡大する予定です。アイスクリーム市場は2桁成長をしているためです。

トヨタ、タイでグリーンカーの売り上げ促進のため、エコセダンを発売

トヨタ自動車は、タイでのエコカーの需要の増加により、グリーンカーの販売を拡大するため、タイで最初の環境に優しいセダンモデルを発表しました。

小型セダンの「ヤリス ATIV」は、エコカーの全販売台数を月末までに2013年に発売された最初のヤリス・ハッチバック・エコモデルを含めて7,700台にすることを目指しています、と同社は述べました。

東南アジアの2番目に大きい自動車市場で6月に27%の市場シェアを得た日本最大の自動車メーカーは、エコセダンの価格帯をヴィオス・エントリーモデル・セダンより23パーセント低い46万9000バーツ(約14,000ドル前後)に設定することで、若い世代を引き付けます。

政府のエコカー減税制度の対象となる1,200ccのエンジンを搭載したヤリスATIVは、1リットル当たり20キロメートル走ることが出来ます。

それは、バンコク東部のチャチューンサオの中央省の工場で製造されています。

1,200ccのエンジンを搭載したヤリス・ハッチバックは、月間平均で3,400台、2013年10月から今年7月までに15万台を売り上げ、タイの乗用車部門で過去3年間ベストセラーとなりました。

タイのトヨタ自動車は、ヤリスATIVの月間販売目標を国内4,700台とし、月3000台を70カ国に輸出しています。

トヨタの地方ユニットの副社長のバジーゴーン・スリヤチャンタナノン氏は、タイで販売された環境にやさしい自動車の割合は、2010年の約2%から2016年の15%に上昇し、この比率が今年には約20%に達し、今後2年間でさらに25%に上昇することを期待しています。

バンコクでのアジア・サイド・オブ・ザ・ドック開催

タイは、バンコクで2年連続でドキュメンタリー番組の市場を率いるアジア・サイド・オブ・ザ・ドック(ASD)を2018年1月30日から2月2日まで開催します。

国際貿易促進局(DITP)は中所得国から抜け出し、スマートで革新的で高付加価値な国として確立することを目指す新しい経済モデルであるタイ4.0の目標を達成するためにドキュメンタリー映画制作業界を売り込む戦略的プラットフォームとしてASDの第8回が開催されます。

これらの目標を達成するための重要な経済的要因と考え、タイの映画業界は創造性を支援し、文化をより良くし、価値の高いサービスを提供し、国の競争力を向上させます。

「政府の映画産業振興は生産能力の開発に重点を置いています。

その政策は、積極的な映画製作事業と国内外のネットワーク作りを奨励しています。」とマックスイメージのディレクターであるヴィワン・カルナート氏は述べました。

「戦略の一部として、世界中の映画制作者、流通業者、投資家のためのビジネスプラットフォームを作り出す国際映画祭や市場広場などの活動を支援します。」と述べました。

政府の協力を支えるためにタイのドキュメンタリー映画監督協会(TDFA)は、競争力を強化し、ASDのような業界を率いるイベントを主催するような会場国際ドキュメンタリー映画監督と地域ドキュメンタリー映画作家の拠点としてタイを促進するために設立されました。

ASDは、ヨーロッパ最大のドキュメンタリー市場であるサニー・サイド・オブ・ザ・ドック(SSD)の主催者が発表します。

アカデミー賞を受賞したフランスの映画プロデューサーであるイブ・ジャノー氏によって創設されたSSDは、フランスのラ・ロシェルで28年もの間、年間2000人の来場者を集めています。

アジアでのドキュメンタリー映画市場に可能性を感じ、ASDは2010年に設立されました。その後、中国、香港、韓国、日本、マレーシア、シンガポールなど、毎年異なるアジア諸国で開催されています。昨年、ASDの第7回がタイで開催され、400人以上の代表者が集まりました。

アジアのドキュメンタリーを世界に発信するための主要なプラットフォームとして認知された ASDは、最低でも約160百万バーツの収益をだしました。その成功に基づいて、主催者は伝統を破り、タイで2年連続開催することに決めました。支援施設、旅行先の多様性、タイのドキュメンタリー映画制作業界のプロ意識が第8回ASDのタイでの開催を決定づけました。

このイベントは、バンコクのセントラルプラザ・ラップラオにあるセンタラグランドで、2018年1月30日から2月2日まで開催されます。

4日間にわたって、40カ国からプロデューサー、ディレクター、代理店、決定者、投資家、コンサルタントを含む500名以上の代表者がASD18で、販売、ネットワーキング、賞品付きのピッチ、アジアからのバイヤーとの1対1のミーティングなどを行います。

9月19~22日にプレイベント活動の一環として、ASDドキュメンタリーワークショップ&マスタークラスが開催され、 ドキュメンタリー制作者や監督がドキュメンタリープロジェクトの開発方法について学びました。

マスタークラスを提供した国際的な専門家は、フランスのユズ・プロダクションズのクリスチャン・ポップ氏、スイスのファーストハンド・フィルムズのエスター・ヴァン・メッセル氏、 ASD16で最優秀アセアン賞を受賞したタイ系アメリカ人のジャーナリストで映画監督のパリン・ウェダル氏でした。

7つの国から合計38のドキュメンタリープロジェクトがASDに提出され、ワー​​クショップに参加する10のプロジェクトが選ばれました。そのうちの7つはタイの制作者によって作成されたものでした。

ワークショップでは、6つのプロジェクトが最終選手権に選ばれ、優勝者はASD18でメインステージに出場する予定です。

「ASD18は、ドキュメンタリー映画の価値を高めます。売買での収入以外にも、このイベントはアジア全域のドキュメンタリー映画制作業界でのネットワーキング、ブランディング、知識の共有等のために不可欠なプラットフォームです。 このイベントは、少なくとも2億バーツの収益を生み出すことが期待されています」と、ビワン・カルナート氏は述べました。

ASD18の国際ドキュメンタリー・プロダクション・プロダクションの主なプロデューサーや放送局には、ナショナル・ジオグラフィック、ディスカバリー・アジア、NHK、 CCTV、KBS、ABC、PBS、タイのPBS、その他タイの放送局などが含まれています。

アジア・サイド・オブ・ザ・ドックは、公的機関であるタイ・コンベンション&エキシビション・ビューローの支援を受けています。 このイベントのために、タイ・コンベンション&エキシビション・ビューローは財政支援と政府組織との調整をします。
アジア・サイド・オブ・ザ・ドックはタイのイメージを高める重要なイベントの1つとして認識されています。

日本は真の友達

産業大臣は、タイ東部経済回廊(EEC)への投資に熱心な日本企業を歓迎します。

来週、600の日本企業の代表が来日し、タイでの重要な生産拠点の為に日本の投資の重要性を強調する予定です。

ウタマ・サバナヤ産業大臣によると、総投資額が今後5年間で1.5兆バーツを超えると予測される東部経済回廊へのさらなる投資に日本企業が期待されています。

ウタマ氏は、911日から13日の訪問は、今後の経済協力につながるいくつかのことを含む、タイと日本の130年の外交関係を祝うものです、と述べました。

「タイ政府が日本の投資家にEECの詳細を明確にし、EECをタイの4.0モデルに推進する主要な仕組みとしてタイ政府の誠意を強調することは日本のような真の友人に対してとても重要です。」とウタマ氏は述べました。

日本の総投資額は284件のプロジェクトで796億バーツになり、2016年にタイ最大の投資国となりました。

600社の企業の中には、EECの特定の分野で事業を行うという現実的な計画を持つ企業もあります。

日立製作所は、タイの政府機関とEECに投資する予定の民間企業の両方に複数のデータサービスを提供するために、ビッグデータの分析に投資することに関心を示しています。

ウタマ氏は、「EECに投資してタイでの事業拡大を期待する企業に提供される新しいデータ収集、提供システムです」と、大規模で多様なデータを調べるデータ分析プロセスについて話しました。

同氏は、ビッグデータには、パターンや未知の相関、市場動向、顧客の好み、組織や民間企業が十分な情報に基づいたビジネス上の決断をするのに役立つ有用な情報が含まれている、と述べました。

ウタマ氏は、日立は医療分野、特にタイの来たる高齢化社会の高まるニーズに応える特定の製品を生産し、すでに高齢化社会である日本での強い需要にも対応することを計画していると述べました。

三菱自動車は、タイ政府が全面的に支援している電気自動車(EV)により投資する計画です。

消費税減税から投資委員会からの広告に至るまで、政府は自動車会社にEVを増やすことを促し、民間エネルギー会社にEVの充電ステーションなどへの設備投資を促しています。

「三菱自動車は、自動車製造の面でタイはアジアのデトロイトだと考えており、さらにアジアのEVの拠点として発展する可能性があります」とウタマ氏は語りました。

タイへの投資を計画しているもう一つの日本企業は、食品から生化学分野への多様化を目指している味の素です。

「味の素は、付加価値の高いバイオベースのプラスチックやその他のバイオベース製品を生産するために、タイで豊富なバイオベースの原料を使用したいと考えています」とウタマ氏は述べました。

投資とは別に、今回の訪問は、タイで日本企業が直面している主な問題であるタイの労働人口不足を補うための熟練労働者の育成を支援する教育協力推進につながると、同氏は伝えました。

日本の投資家は、長年にわたって人材不足に大きな懸念を表明しており、これはバンコクの日本貿易振興機構(OTP)の最近の調査でも特にエンジニアが不足していると明らかになっています。そこで日系に限らず人材不足を解消するには地元の学校や人材紹介会社の助けが必要になると考えられています。

タイ東部経済回廊(EEC)へ投資する日本企業に人材不足の解消を手伝う人材紹介会社
エンジニア・技術者の就職はキャリアリンクタイランド
チョンブリー県にオフィスのあるPRTR

ウタマ氏は、産業省は、EECにおける熟練労働者の需要増加に対応するため、タイの労働者を訓練する専門家、講師、ノウハウを持ち込むため、日本の経済産業省と協力すると述べました。

「私たちはタイの職業訓練校と協力して、日本の専門家と将来の需要に対応するエンジニアや他の熟練した専門家を輩出するための訓練コースを作る予定です。」とウタマ氏は述べました。

タイ石油公社、サイアム・セメントグループ、チャルーン・ポーカパン・フーズなどの主要なタイ企業は、訪問中に開催される企業間のマッチングイベントに参加し、更なる共同投資を促進することが期待されています。

タイは工業地帯へのツアーに日本のビジネスを招待しました

バンコク東岸の沿岸部には、数百もの日本の自動車メーカーや自動車部品メーカーの生産拠点になっている、タイの最大の工業地帯があります。日本とタイが国交樹立130周年を迎える中、タイ政府は工業団地をアセアン加盟国にとっての先端技術の拠点にしようと計画しており、日本の投資家の関心を集めようとしています。

9月の初めに、タイ政府は、経済産業大臣である世耕弘成氏を招き、大企業や東京の中小企業を含む民間企業と公共企業の570人の代表者を新しい投資機会を促進するために3日間の旅に招待しました。

このようなタイの取り組み方は、中国などの他の投資家の出現によって見劣りしている日本の投資家は歓迎しています。

プラユット・チャンオチャ首相は、バンコクの庁舎に招待された企業代表者を集め、“タイランド4.0”の経済発展への日本の関心の必要性とタイの成長の可能性が「信頼できるもの」と繰り返し述べました。これは、タイの農業および製造業の大部分を先端技術産業を中心とした成長モデルに転換することを目指しています。

経済の転換を進めるために、政府は、沿岸地帯にあるチャチャンサオ、チョンブリ、ラヨンの3つの特別な投資地域で東部経済回廊の開発を承認しました。技術拠点は、主にタイ政府が設定した10の「ターゲット産業」に焦点を当てています。

その中には、生化学、医療、観光などの分野や、電気自動車などの次世代自動車産業があります。政府は、投資がタイの産業革新に有益であると考えられる場合、法人所得税の免除を含めた15年間の税優遇措置と共に、東部経済回廊に戦略的プロジェクトを提供します。

バンコクでは、この地域の産業とインフラを改良するために、また労働者の増加を期待して最初の5年間に公的投資と私的投資に1.5兆バーツ(5兆円)を使用する予定です。

プロジェクトの1つに、2032年までに年間6,000万人集客できる、ウタパオ民間軍用空港を国内第3の商業用空港に拡大することである。

現在、毎年約300万人の利用客がいます。

バンコクの成長戦略は、多様な産業と強力なネットワークを築いて既存のビジネスをより良いものにすることを目指す日本の「つながり産業」政策のコンセプトに沿ったものであり、東部経済回廊における日本とタイの協力は、「アジアの最も先進的な産業拠点ひとつ」だと考えられています。バンコクの日本商工会議所では、4月現在で1,748人のメンバーがいることから、バンコクは大きな期待を寄せています。日本は、東南アジア諸国にとって最大の投資の源です。

アジアのライバルがASEANでの影響力を高めるにつれて、日本は投資を加速しなければならない理由が増えるかもしれません。中国とタイは、バンコクとナコーンラーチャシーマーの間に253kmの高速鉄道建設を開始すると発表しました。

これは北京の「ワンベルト・ワンロード」構想の一部である可能性が高いです。

日本とタイは、2016年にバンコクとチェンマイの北部の都市を結ぶ新幹線が通る700kmの鉄道を建設することに合意しました。トヨタやホンダなどの自動車メーカーがタイで強力な経済力を発揮していましたが、中国や韓国によってその支配力は衰え始めています、とタイの外務省の東アジア事務局長であるシントン・ラピサテプン氏は述べました。

「スマートフォンを例にしてみましょう。私たちは、中国のオッポやファーウェイ、韓国のサムソンなどのブランド名を常に耳にします。しかし、残念ながら、この地域では日本のブランドは耳にしません。」と彼は述べました。

タイへの日本の投資は近年勢いを失っています。昨年、日本の貿易機関によると、日本企業はタイに796億バーツを投資しました。それは2012年の投資総額である348.4億バーツの約23%でした。

日本の投資家は、タイの経済成長の低迷に懸念を抱いています。中所得国になった後、経済成長のペースが緩やかになり、人件費の上昇は海外からの投資を妨げています。タイの急速に増加している人口も、成長を妨げることが予想されます。

もうひとつ懸念されるのは、ベトナムを含む他のASEAN諸国との人件費に関する競争です。
ベトナムは、外務省によると、2016年の経済成長率は6.21%で、タイは3.2%でした。タイ政府は、新しい案が経済成長をさらに刺激することを望んでいます。

2日目に開催されたビジネス座談会で、東京とバンコクは、東部経済回廊開発のための相互協力を促進するための7つの覚書を締結しました。 6月に覚書に署名し、プロジェクトを進めることに両国同意しました。

世耕氏とタイの経済政策の重要人物であるソムキッド・ジャスティピタック副首相は、記者会見で、東部経済回廊での更なる相互協力が東京とバンコクの双方に利益をもたらすと述べました。世耕氏は、「日系企業にとって、タイはアセアンの重要な国であり、メコン地域の拠点として更なる成長が非常に重要です」とも述べました。

「日本企業がタイの産業の更なる成長を促進することができる信じています」と述べました。

ジャスティピタック副首相は、両国はより協力することで、人材やビジネスを発展させる“大きな可能性”を持っていますと述べました。タイはただの外交だけでなく、堅実な友好関係を持って、日本を貿易、投資、観光での重要なパートナーと見なしています、とタイの外務省のラピサテプン氏は述べました。

「日本とタイは、130年間の国交があり、600年もの関係が続いています」と彼は述べました。

「今はタイの経済にとって非常に重要な時期であり、日本がこの機会を逃すべきではありません」とラピサテプン氏は述べました。

日本企業の視点から見ると、タイに投資する主な理由の一つは東南アジアへの拡大です。

タイのトランスコスモスの松尾俊哉取締役は、「タイは他の東南アジア諸国の核であり、ここで成功を収めることは間違いなくこの地域におけるプレゼンスを大幅に高めます。」と述べました。東京のインターネット会社のトランスコスモスは2008年以来、タイでビジネスを行っています。同社は他の東南アジア諸国で展開する前に、リスクの低いタイで新しい電子商取引サービスを開始することにしました、と松尾氏は述べました。

トランスコスモスは、タイ市場への投資を増やす計画で、「タイの政府はタイランド4.0の政策で達成したいことに、私たちのオンラインサービスは適していると考えています」と松尾氏は述べました。

福岡のユーキ社の歯科医である高橋氏は、彼女の会社の抗菌食品事業を海外に拡大するためにタイは選択肢の1つであると考えていると述べました。 「タイ政府は新しい政策を推進するために本当に懸命に働いています。今がチャンスだと思います。」と彼女は述べました。

コネチカットにタイのロールアイスクリーム上陸

ハイテク業界では数年もの間、次のチャンスを捜し求めている投資家にとって「崩壊」は合言葉です。

人々のサービスの考え方を変えるために、消費者向けの技術が崩壊したり、再び作られたりする可能性があります。

食べ物においても、新しいものが登場し、その後、業界全体で山火事のように広がります。

アメリカ人がタイのロールアイスクリームを発見するなど、ミドルタウンの新しいアイスクリーム店には可能性があります。

オーナーのイヴァン・リン氏は、ニューヨークを経てやってきたタイのアイスクリームを提供するミドルタウンの“0ディグリー”を始めました。

タイのアイスクリーム店では、顧客は目の前で生クリームからアイスクリームが出来上がるまでを見ることができます。

コールドストーンクリーマリーでは、アイスクリームは凍った花崗岩の石の上で作られます。

リン氏や従業員は、約15度に保たれた金属の冷たい板に新鮮なクリームとオレオクッキー等を注ぎます。

誰かがフライパンで卵をかき混ぜているのを見ているようなものですが、より期待と興奮がそこにはあります。

クリームが凍ったら、リン氏は冷たい金属の上に新鮮なアイスクリームを正方形に成型して広げます。

彼は2つのスパチュラを使用して、金属からアイスクリームを5つに薄く取って、その過程でアイスクリームを螺旋状に丸くします。

そのロールをカップに入れたら、顧客は様々なトッピングを選択することができます。

トッピングは、オレオ、チョコレートチップ、様々な果物などが含まれます。

他には、テディ・グラハムズ、フルーティー・ペブルズ・シリアル、ナター・バター・クッキーなどが含まれます。

私はホイップクリームとカラメルソースを加えたバタークッキーを選びました。

その選択は素晴らしかったです。

濃厚でクリーミーなアイスクリームは、あなたの口の中で溶け、非常に満足のいくものでした。

リン氏は、2014年に友人と一緒にタイで休暇をとっている時に初めてこのアイスクリームを作る方法に出会ったと言います。

バンコクの歩道にある屋台文化は素晴らしいものです。

歩道を歩く人々から顧客を得たいベンダーは、美味しく、そして美味しく見える食べ物で顧客を魅了しなければいけません。

見せ方とおまけは重要です。

ニューヨークに移住した中国出身のリン氏は、このアイスクリーム作りの方法を見たとき、作り方を教えてもらうために従業員にお金を払った、と述べました。

「アメリカに戻り、友人など色々な人に話しました。ココナッツミルクはおそらくアメリカ人の好みではないので、それを少し変える必要があると思います。」とリン氏は述べました。

代わりに、アメリカ人の口当たりに適した生クリームを使って、タイのアイスクリームを作ることに決めました。

彼は12年間、クイーンズのフラッシングにあるハーゲンダッツで働いていました。

「毎日バナナ味のアイスを作りました。」とリン氏は述べました。

Lin氏は、12月のオープンからの一番の売り上げは、オレオの “クッキーモンスター” だと言います。

その他、興味深いフレーバーの組み合わせには、ヌテラとバナナを使った“モンキービジネス”、抹茶とブルーベリーを加えた“抹茶天国”があります。

どんなトッピングでも、すべて税込み7ドルです。

0ディグリーでは、タピオカジュース(3.5~5ドル)、フルーツティー(3.50~ 4.25ドル)、スムージー(3.50~ 5ドル)も提供しています。

リン氏はニューヘブンとウェストハートフォードに今年の夏に2つ新たにオープンする予定で、コネチカット州全土の人々が味わうことができます、と述べました。

年末までに東アジア地域包括的経済連携協定は締結しない

環太平洋パートナーシップ協定と代替貿易協定を交渉している16のアジア太平洋諸国の経済閣僚は、年末までに合意が成立しないと日曜日に認めました。

代わりに、世界人口の半分である3.5億人以上の人口、世界の国内総生産(GDP)の30%をカバーする東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定の交渉に携わっています。経済閣僚は、16カ国の指導者がマニラで集まる11月までに 大きく前進することを目標にしています。これら16カ国は、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、ニュージーランドのほか、アセアン加盟国の10カ国を含みます。

RCEPはTPPの主要な代替案と見られており、、昨年12ヵ国が合意しましたが、ドナルド・トランプ大統領によって米国が撤退したことは大打撃でした。

フィリピン貿易副次官のセフェリーノ・ロドルフォ氏は、RCEPは「TPPの現在の状況を考えれば、唯一の望みである」と述べました。第49回アセアン経済大臣の会合及び関連会合の一環として、16カ国の経済閣僚がマニラに集まりました。また、それは2013年に交渉が開始された第5回RCEP閣僚会議でもありました。

ロドルフォ氏によると、RCEP加盟国は、関税引き下げや関税撤廃対象の違いにより、今年中に交渉を終わらせる目標を断念しました。代わりに、アセアンの首脳が11月に集まる際に、「実質的な結論」または「著しい躍進」を達成することを目指しています。

「来月、韓国で開催される第20回RCEP貿易交渉委員会での交渉と11月の首脳会談で、全ての国は未解決問題を解決するために努力するでしょう。」とロドルフォ氏は述べました。

「成長が世界中で全体的に減速し、保主的な考え方が増えてきた今に、RCEPがより自由な貿易を追求できるという例を作ることが重要です。」と、今年のアセアンの活動を統括しているフィリピン政府を代表して彼は述べました。

アセアンの10ヵ国は、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムです。