タイでのLINE利用者増大

タイの多くの人々は、家族や友人と連絡を取り合うために、LINEを使っています。彼らはますます、アプリの様々なサービスに頼っていきます。イギリスの調査会社によると、タイの人口の67%がソーシャルメディアを利用しています。

日本に次ぐ世界第2位のLINE市場です。
LINEやその他のソーシャルメディアの登場は、ビジネス界に影響を与えています。

金は、投資や貯金をする人々に人気があります。

そのため、LINEはスマートフォンを使用して貴金属を売買できる新しいサービスを開始しました。

そのプラットフォームを構築するために、国の主要な金の業者と協力しました。

フアセンヘンのCEO、テナラット・パサウォンセ氏は「人々がより簡単に生活できるよう、サービスをより便利に、より安全にしようとしています。」と述べました。

同社は先月、「ゴールドセービング」と呼ばれるリアルタイムの取引サービスを発表しました。

国民IDと銀行口座情報を登録した後、金をオンラインで売買することができます。

プラパスリ・スリマロング氏は、LINEを使用して友人や同僚とやり取りする会社員です。

彼女はすでに新しいプラットフォームで取引を開始しており、金を5回購入しました。

LINEの利用者が注目を集めるのは、オンラインで約30ドルからの少額取引が可能ということです。

これにより、誰もが金取引を利用することが出来ます。

また、プラパスリ氏はLINEが提供する食品配送サービスを利用しています。

LINEはタイでそのサービスを開始して以来、20,000を超える店が加盟しています。

プラパスリ氏は、「サービスが拡大するのは素晴らしいことです。

SNSは私たちの生活の一部です。

SNSがなければ、離島で孤立して生きているような気がします。」と述べました。

今年は、アメリカのUberや他のライドシェアリングの企業によって率先されている配車サービスにも参入します。

「我々の抱負は、モバイルポータルになることです。

基本的に1つのアプリで、あなたの日常生活に役立つすべてのサービスにアクセスできるようにすることです。

あなたはLINEを使って、すべてのサービスにアクセスでき、他のアプリをダウンロードしたり開く必要はありません。」と、タイのLINEの取締役社長であるアリヤ・バノミョング氏は述べました。

タイ市場での競争力を維持するために、企業はさまざまなビジネス領域でサービスを多様化しています。