日本は真の友達

産業大臣は、タイ東部経済回廊(EEC)への投資に熱心な日本企業を歓迎します。

来週、600の日本企業の代表が来日し、タイでの重要な生産拠点の為に日本の投資の重要性を強調する予定です。

ウタマ・サバナヤ産業大臣によると、総投資額が今後5年間で1.5兆バーツを超えると予測される東部経済回廊へのさらなる投資に日本企業が期待されています。

ウタマ氏は、911日から13日の訪問は、今後の経済協力につながるいくつかのことを含む、タイと日本の130年の外交関係を祝うものです、と述べました。

「タイ政府が日本の投資家にEECの詳細を明確にし、EECをタイの4.0モデルに推進する主要な仕組みとしてタイ政府の誠意を強調することは日本のような真の友人に対してとても重要です。」とウタマ氏は述べました。

日本の総投資額は284件のプロジェクトで796億バーツになり、2016年にタイ最大の投資国となりました。

600社の企業の中には、EECの特定の分野で事業を行うという現実的な計画を持つ企業もあります。

日立製作所は、タイの政府機関とEECに投資する予定の民間企業の両方に複数のデータサービスを提供するために、ビッグデータの分析に投資することに関心を示しています。

ウタマ氏は、「EECに投資してタイでの事業拡大を期待する企業に提供される新しいデータ収集、提供システムです」と、大規模で多様なデータを調べるデータ分析プロセスについて話しました。

同氏は、ビッグデータには、パターンや未知の相関、市場動向、顧客の好み、組織や民間企業が十分な情報に基づいたビジネス上の決断をするのに役立つ有用な情報が含まれている、と述べました。

ウタマ氏は、日立は医療分野、特にタイの来たる高齢化社会の高まるニーズに応える特定の製品を生産し、すでに高齢化社会である日本での強い需要にも対応することを計画していると述べました。

三菱自動車は、タイ政府が全面的に支援している電気自動車(EV)により投資する計画です。

消費税減税から投資委員会からの広告に至るまで、政府は自動車会社にEVを増やすことを促し、民間エネルギー会社にEVの充電ステーションなどへの設備投資を促しています。

「三菱自動車は、自動車製造の面でタイはアジアのデトロイトだと考えており、さらにアジアのEVの拠点として発展する可能性があります」とウタマ氏は語りました。

タイへの投資を計画しているもう一つの日本企業は、食品から生化学分野への多様化を目指している味の素です。

「味の素は、付加価値の高いバイオベースのプラスチックやその他のバイオベース製品を生産するために、タイで豊富なバイオベースの原料を使用したいと考えています」とウタマ氏は述べました。

投資とは別に、今回の訪問は、タイで日本企業が直面している主な問題であるタイの労働人口不足を補うための熟練労働者の育成を支援する教育協力推進につながると、同氏は伝えました。

日本の投資家は、長年にわたって人材不足に大きな懸念を表明しており、これはバンコクの日本貿易振興機構(OTP)の最近の調査でも特にエンジニアが不足していると明らかになっています。そこで日系に限らず人材不足を解消するには地元の学校や人材紹介会社の助けが必要になると考えられています。

タイ東部経済回廊(EEC)へ投資する日本企業に人材不足の解消を手伝う人材紹介会社
エンジニア・技術者の就職はキャリアリンクタイランド
チョンブリー県にオフィスのあるPRTR

ウタマ氏は、産業省は、EECにおける熟練労働者の需要増加に対応するため、タイの労働者を訓練する専門家、講師、ノウハウを持ち込むため、日本の経済産業省と協力すると述べました。

「私たちはタイの職業訓練校と協力して、日本の専門家と将来の需要に対応するエンジニアや他の熟練した専門家を輩出するための訓練コースを作る予定です。」とウタマ氏は述べました。

タイ石油公社、サイアム・セメントグループ、チャルーン・ポーカパン・フーズなどの主要なタイ企業は、訪問中に開催される企業間のマッチングイベントに参加し、更なる共同投資を促進することが期待されています。

タイでの女性差別

タイの元首相であるインラック・シナワトラ氏がこの国を離れ、帰国する可能性は低いという事実は、国際的に話題になっています。しかし、タイの政治に関するより暗い真実を反映する女性差別の激流の中で、彼女の決断に価値があるという言葉はほとんどありませんでした。

それは恥ずかしいことです。

彼女の政治的キャリアを通して彼女に対する性差別を認めない事実は、タイの政治と社会の現状を伝えています。2014年から、インラック氏は、国に何百万もの費用がかかると言われるコメ担保融資制度に対しての刑事責任を負いました。彼女は支持者のために最後まで戦いましたが、判決を覆すことは出来ませんでした。ニューヨークタイムズで8月27日に書かれたリチャード・パドックの記事によれば、彼女の逃げる決断は犠牲の大きいものでした。彼女は90万ドルの保釈金が課せられただけでなく、政治的な動きを混乱させました。

タイの民主的な新たな動きを望んでいた人たちにとって、インラック氏が去ることは失望でした。しかし、タイ初の女性首相の失敗すべてを非難することは、現在のタイに関する厳しい事実を無視しています。第一に、プラユット・チャンオチャ首相が率いた2014年のクーデター以来、タイがどのように変わったのかを認識することはできません。しかし、もっと困ったことに、インラック氏を退職させた悪質な女性差別を見逃しています。

彼女の政治的キャリアが始まって以来、インラック氏は彼女の兄弟であるタクシン・チナワット氏の影に隠れていました。

これは理解できます。

彼女が首相の地位についたことは、タイを深く分裂させた10年の長い政治危機の中での1つのエピソードとして取り上げられました。彼女が2011年半ばに政界に登場したとき、彼女の兄弟の党であるタイ貢献党のリーダーは驚きました。彼女の兄弟の姓を共有することは、彼女が独立した政治家として識別されることを邪魔しました。しかし、タクシン連合政党を率いた他の人物とは違って、インラック氏はいつも彼女の兄弟に忠実な姿勢だと描画されていました。

彼女の経験不足と政治の無知は、彼女の弟の夢を台無しにしたので、それが彼女の質だと言われました。

これは、2011年の選挙キャンペーンのための「タクシン氏が考え、タイ貢献党が実行する」というフレーズと彼女の笑顔が載ったポスターによって裏付けられています。しかし、オフィスでは、インラック氏は政治の自分のブランドを作り、彼女の前任者よりも強く個人的な追従をし、漸進的なタイの政治の顔としてタイ貢献党のイメージを強化するために一生懸命でした。その間、インラック氏は、タイの家父長主義社会の女性差別によって、取り残されていました。2013年には、彼女を拘束するために、上級政治家によって荒立てられた抗議者たちは、女性差別の悪質な政治運動に従事しました。

ジャーナリスト兼写真家のニック・ノスティッツ氏によると、その後のインラック氏に対する憎悪演説では、オックスフォードで教育を受けたアピシット・ウェーチャチーワ元首相は彼女は売春婦だと述べました。ノスティッツ氏は、「これは、性差別が、政治を盛り上げるために起こったものではなく、タイ文化の普通の汚い部分であることを示しており、トップのリーダーによって明確に操作され、促進されています。」と述べました。インラック氏がタイから出発した余波で、超現実的な性的な罵りが続きました。

まず、タイの芸術家であるタンヤ・サンチャパンタノン氏は、彼女のことを「膣」と嘲笑した。詩的な言葉遣いで、タイ語のエリートの間では、そのような言葉は珍しいことではないですが、彼はインラック氏が「女性器」とけなされた事実を裁判所に持ち込まないように耳の状態を言い訳にしました。文化庁はこの行動を非難するように求められた時、それは「意見」だと却下しました。著名な学者・著述家、チャーロン・ユートン氏は同じ詩を繰り返し、詩を芸術として擁護し、ユーモアを理解できない人はタイの文化を知らない、と非難しました。

「その女性器を使いたいなら、列に並ばなければいけません。」と仏教徒の修道士であるキッティザック・キットソン氏は述べました。女性差別、さらには性的暴力の暗示や描写さえも、タイでは往々にしてあります。タイの連続ドラマは日常生活で普通のこととしてレイプを定期的に扱っています。「良い」女性の標準化されたイメージを反復することで、女性の行動に暗黙のうちに制限が課せられます。

タイの作家であるチティポル・パニャニンパヌン氏は最近、「伝統的なタイの連続ドラマでは、強姦男性の主人公が起訴されなかっただけなく、性的行為での女性犠牲者も描かれませんでした。」と書いています。タイの公的生活において女性が重要な役割を果たすのは事実です。しかし、それでも画面上での女性の非人間化は、社会的現実を反映しています。高い地位を持つ女性は、一定の自由を得ることができるかもしれませんが、それらを取り巻く家長の階層を直感的に認識し、社会の秩序を保つために社会的慣習を受け入れなければなりません。

独立したエージェントとしての作業は大変で、屈服しない人は潜在的な危険にさらされます。 インラック氏にとって、公的生活は常に揺ら付いたものになるでしょう。タイの設立者によって軽蔑された彼女の兄弟と永遠に結びついて、インラック氏のすべての行為は逸脱した行動として解釈されました。

彼女は、彼女のイデオロギーと政治的議題に沿った政策を実行することによって、タイのエリートを潰していきました。彼女は民主的に選出された政権を打ち倒した軍事政府の政治家であるプラユット・チャンオチャ氏のような人物に対して正当な権力を発揮したことで、彼女は所定の役割に違反しました。彼女がタイの社会の中で表現したことを考えれば、敵の反応が性的要素を含んでいることは驚きではありません。彼女の男性の前任者が政治的な嘲笑を受けたとき、インラック氏は性的な違いを経験しました。

タクシン氏は農民を都市エリートの上に置くことによってタイ社会の秩序を乱しましたが、インラック氏は権力を持つ女性というだけでそうなりました。絶え間なく監視されていたにもかかわらず、インラック氏は懲役10年の刑の判決の直前に奇跡的にタイから脱出しました。

タイを去ることによって、彼女は軍事政に危害を与えませんでした。彼女の支持者を裏切ったと言っている人たちのために彼女は食料を提供し、特に2014年5月の彼女の失踪以来、女性の拘束と仏教の敬虔さのイメージを粉砕しています。

インラック氏の苦労話の原因は女性差別が全てではありません。しかし、この要素を無視することは、彼女の話だけでなく、タイの政治や社会の中での重要な点を見逃してしまうことです。

タイは現在も、そこに住む人々のアイデアに基づいた場所であり、女性差別と性的暴力の暗示かつ描写は社会情勢に関するツールです。

女性の体が男性の所有物と考えられる世界であり、男性と女性の囚人の体は日常的に暴行されています。この観点から見ると、インラック氏はその世界で投獄に屈することは最悪なものでしょう。しかし、彼女の出発は、タイの家父長的政治制度とその内部の道徳的秩序の保全に対する勝利を表しています。

彼女の話で女性差別の事実を忘れることは、タイの独裁政権に陥った責任を負っている人たちを大目に見るだけでなく、タイの社会に残っている問題のある性的な問題を無視することになります。