コネチカットにタイのロールアイスクリーム上陸

ハイテク業界では数年もの間、次のチャンスを捜し求めている投資家にとって「崩壊」は合言葉です。

人々のサービスの考え方を変えるために、消費者向けの技術が崩壊したり、再び作られたりする可能性があります。

食べ物においても、新しいものが登場し、その後、業界全体で山火事のように広がります。

アメリカ人がタイのロールアイスクリームを発見するなど、ミドルタウンの新しいアイスクリーム店には可能性があります。

オーナーのイヴァン・リン氏は、ニューヨークを経てやってきたタイのアイスクリームを提供するミドルタウンの“0ディグリー”を始めました。

タイのアイスクリーム店では、顧客は目の前で生クリームからアイスクリームが出来上がるまでを見ることができます。

コールドストーンクリーマリーでは、アイスクリームは凍った花崗岩の石の上で作られます。

リン氏や従業員は、約15度に保たれた金属の冷たい板に新鮮なクリームとオレオクッキー等を注ぎます。

誰かがフライパンで卵をかき混ぜているのを見ているようなものですが、より期待と興奮がそこにはあります。

クリームが凍ったら、リン氏は冷たい金属の上に新鮮なアイスクリームを正方形に成型して広げます。

彼は2つのスパチュラを使用して、金属からアイスクリームを5つに薄く取って、その過程でアイスクリームを螺旋状に丸くします。

そのロールをカップに入れたら、顧客は様々なトッピングを選択することができます。

トッピングは、オレオ、チョコレートチップ、様々な果物などが含まれます。

他には、テディ・グラハムズ、フルーティー・ペブルズ・シリアル、ナター・バター・クッキーなどが含まれます。

私はホイップクリームとカラメルソースを加えたバタークッキーを選びました。

その選択は素晴らしかったです。

濃厚でクリーミーなアイスクリームは、あなたの口の中で溶け、非常に満足のいくものでした。

リン氏は、2014年に友人と一緒にタイで休暇をとっている時に初めてこのアイスクリームを作る方法に出会ったと言います。

バンコクの歩道にある屋台文化は素晴らしいものです。

歩道を歩く人々から顧客を得たいベンダーは、美味しく、そして美味しく見える食べ物で顧客を魅了しなければいけません。

見せ方とおまけは重要です。

ニューヨークに移住した中国出身のリン氏は、このアイスクリーム作りの方法を見たとき、作り方を教えてもらうために従業員にお金を払った、と述べました。

「アメリカに戻り、友人など色々な人に話しました。ココナッツミルクはおそらくアメリカ人の好みではないので、それを少し変える必要があると思います。」とリン氏は述べました。

代わりに、アメリカ人の口当たりに適した生クリームを使って、タイのアイスクリームを作ることに決めました。

彼は12年間、クイーンズのフラッシングにあるハーゲンダッツで働いていました。

「毎日バナナ味のアイスを作りました。」とリン氏は述べました。

Lin氏は、12月のオープンからの一番の売り上げは、オレオの “クッキーモンスター” だと言います。

その他、興味深いフレーバーの組み合わせには、ヌテラとバナナを使った“モンキービジネス”、抹茶とブルーベリーを加えた“抹茶天国”があります。

どんなトッピングでも、すべて税込み7ドルです。

0ディグリーでは、タピオカジュース(3.5~5ドル)、フルーツティー(3.50~ 4.25ドル)、スムージー(3.50~ 5ドル)も提供しています。

リン氏はニューヘブンとウェストハートフォードに今年の夏に2つ新たにオープンする予定で、コネチカット州全土の人々が味わうことができます、と述べました。