JR九州がバンコクに高級コンドミニアムを購入

日本の鉄道会社であるJR九州はバンコクの高級コンドミニアム(サービスアパートメント)を約10億ドルで買収しました。今後、JR九州は日本国内外でサービスアパートメント事業を行っていく方針です。このプロジェクトは、JR九州にとってはタイで初の大規模投資になります。2017年末には買収を完了したのを機に「Sharma Lakeview Asoke」という名称に変更しました。

「シャーマン・レイクビュー・アソーク・バンコク・プロジェクトは、東南アジアにおける最初のビジネス・エンゲージメントとして重要なステップです」と、JR九州の青柳俊彦社長は記者会見で話していました。
スクンビットソイ16にあるサービスアパートメントコンプレックスは、BTSやBenjakitti公園と湖からすぐです。日本企業は改修工事に1億バーツを費やし、4月1日に改装工事を開始する予定です。しかし、一部の施設では2018年と2019年に改装工事が行われます。

JR九州ではJR九州キャピタルマネージメントとタイ九州ビジネス開発九州事業所とJR九州事業開発が昨年から東南アジアのビジネスポテンシャルに注力しています。かつて森ビル不動産投資顧問は、今回の買収とJR九州とオニキスの経営陣間の独占的アドバイザーでありました。