年末までに東アジア地域包括的経済連携協定は締結しない

環太平洋パートナーシップ協定と代替貿易協定を交渉している16のアジア太平洋諸国の経済閣僚は、年末までに合意が成立しないと日曜日に認めました。

代わりに、世界人口の半分である3.5億人以上の人口、世界の国内総生産(GDP)の30%をカバーする東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定の交渉に携わっています。経済閣僚は、16カ国の指導者がマニラで集まる11月までに 大きく前進することを目標にしています。これら16カ国は、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、ニュージーランドのほか、アセアン加盟国の10カ国を含みます。

RCEPはTPPの主要な代替案と見られており、、昨年12ヵ国が合意しましたが、ドナルド・トランプ大統領によって米国が撤退したことは大打撃でした。

フィリピン貿易副次官のセフェリーノ・ロドルフォ氏は、RCEPは「TPPの現在の状況を考えれば、唯一の望みである」と述べました。第49回アセアン経済大臣の会合及び関連会合の一環として、16カ国の経済閣僚がマニラに集まりました。また、それは2013年に交渉が開始された第5回RCEP閣僚会議でもありました。

ロドルフォ氏によると、RCEP加盟国は、関税引き下げや関税撤廃対象の違いにより、今年中に交渉を終わらせる目標を断念しました。代わりに、アセアンの首脳が11月に集まる際に、「実質的な結論」または「著しい躍進」を達成することを目指しています。

「来月、韓国で開催される第20回RCEP貿易交渉委員会での交渉と11月の首脳会談で、全ての国は未解決問題を解決するために努力するでしょう。」とロドルフォ氏は述べました。

「成長が世界中で全体的に減速し、保主的な考え方が増えてきた今に、RCEPがより自由な貿易を追求できるという例を作ることが重要です。」と、今年のアセアンの活動を統括しているフィリピン政府を代表して彼は述べました。

アセアンの10ヵ国は、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムです。

女性は人身売買の危険にさらされていると警告

タイ人女性が異人種間結婚の問題や、海外移住時の詐欺や人身売買の犠牲者を避けるための無料の講座を国は提供しています。

「タイの社会が異人種間の結婚を受け入れるようになるにつれて、女性たちはそれを経済的地位を向上させる方法と見なしています。」と社会開発省は述べました。 「私たちの講座は、女性に、行動、行き先の国の法律、事前の準備方法を教えます。」と高官のパチェリー・アラヤクール氏は述べました。

「これは、女性が詐欺や人身売買に遭う被害を減らすためのものです。」と同省の男女共同参画部理事であるパッチャリー氏は付け加えました。

このような結婚についての最新のデータはないものの、2004年の政府調査では、最も貧しい地域の一つであるイーサーン北東部で1万5000人以上の女性が外国人男性と結婚し、毎月122百万バーツを家族に送っていることが分かりました。

この講座では、カルチャーショックの問題とともに、法的権利、タイ当局を通じて援助を求める方法を教えています、とコーンケーン大学の助教授であるドゥサディ・アユワット氏は述べました。実用的な助言は非常に役に立ちます、1日講座に参加した1人の女性が述べました。 「カルチャーショックよりも法に、より関心を持ってました。」と述べました。

この講座は、一部のタイの女性にとってとても役に立つものです、とドイツのラルフ・ワッカーと結婚した元スパのマネージャーであるプローニサ・デュアンダラルングルエン氏は述べました。

「特に東北地方のタイの女性は、穏やかで従順です。

彼らは自分自身と文化を尊重することを学ばなければなりません。」と彼女は述べました。

彼女の夫は、この講座は女性が西洋での生活の現実に向けて準備することができます、と述べました。
「多くの女性にとって、西洋での生活はおとぎ話のようなものかもしれませんが、実際には非常に孤立していると感じることがあります。」と、西洋の配偶者に同様のコースを提供するよう国に促したワッカー氏は述べました。

「西洋人が家族の動態を理解できなければ、多くの問題を引き起こす可能性があります。」

日本とタイ間の即時送金を可能にするリップルのブロックチェーン

サイアム・コマーシャル銀行(SCB)は、日本のSBIレミットと協力して、リップルのブロックチェーンを利用し、日本とタイ間の即時送金を行います。

リップルのクロスボーダー決済システムは、日本からSCBの顧客への送金をこれまで以上に簡単かつ迅速に行うことを可能にします。

現在、約4万人のタイ国民が日本に居住しており、日本からタイへの送金総額は年間約250万ドルです。

この新しいサービスは今日から始まり、日本円からタイバーツでSCB普通預金口座への口座振込をすることができます。

これは、現在の両国間の送金にかかる最大2営業日と比較すると大幅に向上しています。 SCBは北米、欧州、アジア太平洋の他の主要市場でサービスを展開する予定です。SCBのチーフであるアラック・スチボン氏は「SCBはリップルのような革新的な技術に投資して、顧客により良い金融商品とサービスを提供します。

顧客は、国内、国外のいずれの支払いもリアルタイムで行えることにますます期待しています。リップルのブロックチェーンネットワークソリューションを使用して、日本とタイの間の即時送金サービスを顧客に提供する最初の銀行であることを誇りに思っています。私たちは、リップルとのパートナーシップを続けていくことを楽しみにしており、将来、他の主要市場へサービスを拡大していきます。」と述べました。SBIレミットの安藤信雄氏は、「お客様のためにより良い送金サービスを提供するための優れた技術的解決策を常に模索することが私たちの義務です。

この場合、リップルは実際に素晴らしいものでした。

さらに、リップルのネットワークが拡大するにつれ、より有利な外国為替を期待できます。

そのためには、より多くの機関が加盟し、従来の方法よりも競争力のある送金サービスを当社の大切なお客様に提供することが重要です。」と述べました。

リップルのグローバル戦略責任者のマルクス・トレッチャー氏は「リップルのゴールは、国境を越えた支払いを迅速かつ簡単に行うことです。

SBIレミットとSCBの場合、当社のソリューションは、日本からの送金が即座にタイ国内の送金先に確実に届くことを可能にします。SCBとSBI レミットは、国境を越えたリアルタイムの支払いを利用する顧客需要に対応し、アジアにおいて先導的役割を果たしています。

我々はSCBと共に他の主要市場にさらに拡大し、世界中のリップルネットワークの勢いを維持していくことを期待しています。」と述べました。