バンコクでのアジア・サイド・オブ・ザ・ドック開催

タイは、バンコクで2年連続でドキュメンタリー番組の市場を率いるアジア・サイド・オブ・ザ・ドック(ASD)を2018年1月30日から2月2日まで開催します。

国際貿易促進局(DITP)は中所得国から抜け出し、スマートで革新的で高付加価値な国として確立することを目指す新しい経済モデルであるタイ4.0の目標を達成するためにドキュメンタリー映画制作業界を売り込む戦略的プラットフォームとしてASDの第8回が開催されます。

これらの目標を達成するための重要な経済的要因と考え、タイの映画業界は創造性を支援し、文化をより良くし、価値の高いサービスを提供し、国の競争力を向上させます。

「政府の映画産業振興は生産能力の開発に重点を置いています。

その政策は、積極的な映画製作事業と国内外のネットワーク作りを奨励しています。」とマックスイメージのディレクターであるヴィワン・カルナート氏は述べました。

「戦略の一部として、世界中の映画制作者、流通業者、投資家のためのビジネスプラットフォームを作り出す国際映画祭や市場広場などの活動を支援します。」と述べました。

政府の協力を支えるためにタイのドキュメンタリー映画監督協会(TDFA)は、競争力を強化し、ASDのような業界を率いるイベントを主催するような会場国際ドキュメンタリー映画監督と地域ドキュメンタリー映画作家の拠点としてタイを促進するために設立されました。

ASDは、ヨーロッパ最大のドキュメンタリー市場であるサニー・サイド・オブ・ザ・ドック(SSD)の主催者が発表します。

アカデミー賞を受賞したフランスの映画プロデューサーであるイブ・ジャノー氏によって創設されたSSDは、フランスのラ・ロシェルで28年もの間、年間2000人の来場者を集めています。

アジアでのドキュメンタリー映画市場に可能性を感じ、ASDは2010年に設立されました。その後、中国、香港、韓国、日本、マレーシア、シンガポールなど、毎年異なるアジア諸国で開催されています。昨年、ASDの第7回がタイで開催され、400人以上の代表者が集まりました。

アジアのドキュメンタリーを世界に発信するための主要なプラットフォームとして認知された ASDは、最低でも約160百万バーツの収益をだしました。その成功に基づいて、主催者は伝統を破り、タイで2年連続開催することに決めました。支援施設、旅行先の多様性、タイのドキュメンタリー映画制作業界のプロ意識が第8回ASDのタイでの開催を決定づけました。

このイベントは、バンコクのセントラルプラザ・ラップラオにあるセンタラグランドで、2018年1月30日から2月2日まで開催されます。

4日間にわたって、40カ国からプロデューサー、ディレクター、代理店、決定者、投資家、コンサルタントを含む500名以上の代表者がASD18で、販売、ネットワーキング、賞品付きのピッチ、アジアからのバイヤーとの1対1のミーティングなどを行います。

9月19~22日にプレイベント活動の一環として、ASDドキュメンタリーワークショップ&マスタークラスが開催され、 ドキュメンタリー制作者や監督がドキュメンタリープロジェクトの開発方法について学びました。

マスタークラスを提供した国際的な専門家は、フランスのユズ・プロダクションズのクリスチャン・ポップ氏、スイスのファーストハンド・フィルムズのエスター・ヴァン・メッセル氏、 ASD16で最優秀アセアン賞を受賞したタイ系アメリカ人のジャーナリストで映画監督のパリン・ウェダル氏でした。

7つの国から合計38のドキュメンタリープロジェクトがASDに提出され、ワー​​クショップに参加する10のプロジェクトが選ばれました。そのうちの7つはタイの制作者によって作成されたものでした。

ワークショップでは、6つのプロジェクトが最終選手権に選ばれ、優勝者はASD18でメインステージに出場する予定です。

「ASD18は、ドキュメンタリー映画の価値を高めます。売買での収入以外にも、このイベントはアジア全域のドキュメンタリー映画制作業界でのネットワーキング、ブランディング、知識の共有等のために不可欠なプラットフォームです。 このイベントは、少なくとも2億バーツの収益を生み出すことが期待されています」と、ビワン・カルナート氏は述べました。

ASD18の国際ドキュメンタリー・プロダクション・プロダクションの主なプロデューサーや放送局には、ナショナル・ジオグラフィック、ディスカバリー・アジア、NHK、 CCTV、KBS、ABC、PBS、タイのPBS、その他タイの放送局などが含まれています。

アジア・サイド・オブ・ザ・ドックは、公的機関であるタイ・コンベンション&エキシビション・ビューローの支援を受けています。 このイベントのために、タイ・コンベンション&エキシビション・ビューローは財政支援と政府組織との調整をします。
アジア・サイド・オブ・ザ・ドックはタイのイメージを高める重要なイベントの1つとして認識されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です